プロテクションフィルムの必要性とは。

プロテクションフィルムについて詳しく調べてみました。透明プロテクションフィルムは塗装を守るためバンパー,ボンネット,ナンバーなどに施工し飛び石・虫の飛び込み・鳥糞等による傷や汚れから愛車を守ってくれるとても力強いフィルムです。

車にタイヤが必要で,そのタイヤには溝があり(水を逃がす溝)小石が路上にある以上,飛び石の被害はいつ自分の愛車に被害がくるか分かりません,虫の飛来 鳥糞なども話が通じる相手ではないので,これも回避は出来ないでしょう,酷いのはいたずらによるキズかな・・・・あと故意ではないひっかきキズ(バッグの金具,指輪等)
高速道路でよくある飛び石被害にフロントガラスなどの被害も多く見受けられます。
2人に1人は経験があるのではないでしょうか!
そのような被害を最小限に回避できるツールとしてプロテクションフィルムが存在します。
ボディにはXPELプロテクションフィルム、ガラスにはクリアプレックスと各部位に応じた商品が存在するのです。

昔はキズから車を守はドアガード位しかなく,10円パンチでもされれば,塗装しなければならなかった,私も最初のスカイラインにいたずら書きされ,2月分の給料を払い塗装をした記憶がよみがえる><(どうせ塗装するなら,自分の好きな色で全塗装したため高額に),鳥糞などは酸が強い為すぐに塗装の色が変わってしまってしまい,無理に取ろうとするとキズが付く事に気づきました。
俺はキズなど気にしないって人はいいのだが,高価な愛車を守ってあげたい人は多いはず,ちなみに再塗装をすればキレイにはなるけれど,愛車の価値が下がったりします。そこで登場するのがプロテクションフィルムとなるわけです。

プロテクションフィルムの厚みは手では当然切れず、ドライバーなどの突起物でも破れないほどの厚みと弾力性を有しております。

クリアプレックスは弾力性能はありませんが、プロテクションフィルムと違い硬さがあります。
ワイパーなどの物理的な摩擦でも傷が入らないように工夫がなされています。

高価な車や大切にしたい愛車には、ぜひおすすめしたいものですね!
一部の高級車(特に)1000万円をオーバーするモンスター高級車の中でも、サーキット使用として販売されている車種(レクサスのLFAとか日産GTRニスモ)などは一部保険の適用外として扱われるケースもあるようです。
傷がつくのが当たり前?ガラス代金が100万円をオーバーする?フロントガラスを交換するだけでも100万円は珍しくなく、高級スポーツカーになると保険も入れないなどリスクが高いのです。

このフィルムはシール状になっていて,下取りに出す時には剥がしてしまえば塗装状態もよいままなので,高く買い取ってもらえたりもするすぐれもの。
プロテクションフィルムも耐久年数があり張替が必要みたいですが,プロテクションフィルムにコーティング施工して耐久年数を伸ばす事も可能らしい。

実際のユーザーさんのレポを拝見すると、ガードレールに擦ってしまいフィルムが破れてしまったが塗装面には異常がなく、張替えで済んだとの声が数多く聞こえてきました。
多くの方がプロテクションフィルムで塗装面を保護出来てなおかつ塗装を紫外線から保護するために役に立っているという声を聴きます。
他にもプロテクション以外にカスタマイズするためにボディにラッピング式のフィルムを張りカラー替えからカーボン調に変えてドレスアップをしている声もたくさん聴きます。

愛車を守りたい方には,是非オススメします。

車を長く使っていると、見た目が気になってしまう事もあります。やはり車には、様々な汚れなども付着してしまうからです。
特に新しい車を購入した方々は、よくそれを気にしています。新車独自の光沢感をキープしたいと考えている車ドライバーは、本当に多いのです。

ただ、車は野外で使用する事にはなります。そして野外空間には、汚れに関する様々な脅威がある事だけは間違いありません。
飛び石などは、代表例と言えるでしょう。道路には沢山石が転がっていますが、時には石がどれか飛んで来る事もあります。それが車ニ衝突してしまえば、もちろん傷が付いてしまう訳です。現に走行距離が長い車の場合は、それなりに傷も残っています。ですから下取り時などは、走行距離が長い車は売却額も少々厳しい訳です。

もちろん車オーナーとしては、できるだけ見た目を良くし続けたいものです。それにも様々な選択肢はありますが、プロテクションフィルムなどは最近よく使われています。もしも車の光沢感などをキープしたいと思うなら、設置を検討してみると良いでしょう。

プロテクションというのは、もちろん保護という意味合いになります。それは、車の塗装面を保護してくれる力がとても強いのです。
基本的には、独自のフィルムを設置する事になります。もちろんそれは、車に対する特殊カバーシートのような物になるのです。カバーですから、当然車の表面部分を保護する事ができます。

そして、それを外した時に効果を実感できる事が多いのです。一旦それを外してみると、新車同様の見た目が維持できている事も、決して珍しくありません。ですから車の見た目を維持したいと思うなら、ちょっとプロテクションフィルムの設置を検討してみるのが良いでしょう。

もちろん飛び石だけではありません。その他の様々な脅威から、車を保護できるメリットがあるのです。

またプロテクションフィルムは、厚みに関する特徴もあります。そもそも車の本体を保護したいと思うなら、コーティング剤という選択肢もあるのです。昨今では、ガラスコーティングなどを検討している車ドライバーも多いです。
確かにガラスコーティングなども、選択肢の1つではあります。しかしコーティング剤の場合は、必ずしも厚みが十分であるとは限りません。製品によってはあまり厚くないので、車を十分に保護できていない事もあります。

それに比べると、プロテクションフィルムはそれなりの厚みがあります。もちろん厚みがある方が、守れる効果も期待できるでしょう。ですから車の見た目が気になる時には、やはりフィルムはおすすめと言えます。

ところでフィルムを貼り付けるのは良いですが、肝心の見栄えが気になってしまう事もあるでしょう。いかにもシートを貼り付けている雰囲気ですと、ちょっと車の印象が今ひとつになってしまう可能性もあります。できれば、フィルムを貼り付けている雰囲気を出したくない事もあるでしょう。

その点も、問題は無いのです。そもそもプロテクションフィルムというのは、色合いに大きな特徴があります。特に濃い色になっている訳ではなく、たいてい透明色になっているからです。ですから遠くから車を見てみた時には、フィルムが設置されている事に気がつかないケースも多いのです。

むしろ、色合いは良くなるとも言えるでしょう。車本体部分はフィルムで保護されている訳ですから、上記でも触れた飛び石などにより、色合いが悪くなってしまう事もありません。どちらかといえば、色合いをキープできるメリットがあるのです。
このような要素を考慮すれば、やはりプロテクションフィルムは大いにメリットがあります。見た目が気になる時には、大いにおすすめです。

PR|パイルバンカー即時登録リンク集|トヨタのコーティングなら超SEO対策|全身脱毛|FX 自動売買ソフト|車の洗車お小遣いNET|副業ランキング|カーオーディオのすべてネットショップ 開業|BMWバイクコーティング東京 クルージング|看護師 募集|育毛剤|FX 為替|海外バイナリーオプション|車のラッピングフィルムグレートウォール相互リンク集|看護師 転職|エステサロン|オラトリオ自動登録リンク集|ハシエンダ自動相互リンク|人気サイト|ページランク表示|JALカード|